ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 発汗について

■:質問
私は23歳女です。中学生くらいの頃から夏になると汗が止まらなくなりました。カーッと暑くなりのぼせたようになって、汗が滝のように(特に顔)流れてしまうんです。小学生のときはそんなことなかったと思うんですが。最近では暑さを感じていないのに汗が止まらなかったりします。女なので化粧崩れがとても恥ずかしく、汗が乾いて風邪を引いたり結構大変です。(服や髪がびしょびしょになるので)何より太目の体格のため大汗かいていると「痩せろよ」みたいに言われて嫌です。今夏、体調を崩して内科の先生に「自律神経失調症」といわれました。発汗もこれのせいだと思うとのこと。真剣に治したいのですが、まずどういったことからはじめればよろしいでしょうか。病院は何科を受診すればよいですか?身長は160センチ、体重は63.5キロ、体脂肪率は28%くらいだったと思います。

■:回答
何かしら、精神的なストレスを感じているのかもしれません。

注意する病気もあります。ノドにあるホルモンを分泌する内分泌腺の1つが甲状腺ですが、
甲状腺機能亢進症にかかると甲状腺ホルモンが異常に分泌され、このホルモンの働きで交感神経が刺激されて汗をかいたり、動悸がおこります。
バセドウ病は20~30歳代の女性に多く、汗をかくほか、イライラする・疲れやすい・手がふるえる、などの症状が出ます。
40~50代々の女性では更年期障害から多汗を訴えることがありますので、ホルモンの分泌量の確認も必要になります。
症状の特徴として、突然のぼせて(ホットフラッシュ)、大量の汗をかくなどの症状です。

他に糖尿病やパーキンソン病でも多汗が見られることがあります。
根本的な解決にはなりませんが、顔面に汗をかきにくくする方法をご紹介します。

人間には、なんらかの原因で発汗しづらい場合、その分ほかの場所で汗をかく、反射機能が備わっています。
例えば、背中の背もたれで背中を圧迫すると、背中の汗は蒸発しづらいので、ある程度時間が経つと汗が止り、その分下半身で発汗するようになっています。
これを利用すれば、気になる部分の汗を止められます。
顔に汗をかきたくない女性の場合は、ブラジャーのホックを一つきつくするといいようなことも言われています。

漢方薬がお客様にとっては良い場合があります。

ぽっちゃり色白水太りタイプで溢れるように汗が全身に出てくる方でしたら、市販で購入できる漢方薬としまし
ては、防已黄蓍湯(ボウイオウギトウ)という漢方薬を試して見られるとよろしいかと思います。

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)/漢方薬 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_665074.html
SGサイトは、防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)/漢方薬 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_665074.html