ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 腕の白い斑点について

■:質問
両腕のヒジ~手首の間に、真っ白な斑点(直径1mm~3mm)が4,5個ずつあります。その部分だけ脱色した様に真っ白です。最初はぼんやりだったのが、色・サイズの両面で徐々に目立つようになってきました。原因は何でしょうか。他にもぼんやり白い部分が数箇所出てきており、このまま徐々に増えていくのかと心配です。(34歳 女、身長161cm 体重54kg 治療中の病気等無)

■:回答

あくまでも一般的な情報として今回のケースと直接関係があるかどうかは申し上げれれませんが、白い斑点ができる原因のひとつとして尋常性白斑といわれるものがあげれます。

皮膚の最外層にある表皮のなかに存在する、メラニン色素をつくる細胞(色素細胞)が消失するために、皮膚の色が抜けて白くなっていく病気です。色素細胞が消失する原因は明らかにされていませんが、色素細胞に対する自己抗体ができて色素細胞を攻撃するために消失するという説や、神経の異常が原因であるという説、皮膚での活性酸素を除去する機能が低下して色素細胞が壊れるという説などがあります。

生活上の注意点
① 日光に当たり過ぎないように注意する――白斑の皮膚は紫外線により容易に皮膚炎を起こしやすくなるので過度の日焼けに気をつける。
② ストレスに気をつける――過度のストレスは白斑の進行を早めてしまいます。ストレスを避けるのは難しいこともありますが、ストレスを感じる時は休息をしっかりとるようにする。
③ 疲れすぎないように気をつける。
④ 刺激物との接触を避ける――石鹸、洗剤、シャンプーなどは刺激の強い化学物質を避ける。
⑤ 刺激のある嗜好品を控える――タバコ、お酒、辛いものなどは控える。

参考にしていただき、きちんとした診断は医療機関に受診いただくようにお願いいたします。