ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > コンドロパワーEX錠 について

■:質問
コンドロパワーEX錠 を1ヶ月飲み続けたところ、胸が張っているような感じがするようになりました。子宮がんを過去に患っていたため、ホルモンに関係する薬を飲まないようにといわれておりますが、この薬にはホルモンに関わる成分が含まれていますでしょうか?この薬と同じ時期に、薬ではありませんが、グルコサミンという飲料を毎日摂取するようにしておりました。コラーゲンペプチドとグルコサミンが入っているようです。どちらかがこの症状に影響しているのではないかと思いますが、このままコンドロパワーを飲み続けても大丈夫でしょうか?

コンドロパワーEX錠 270錠  http://www.kenko.com/product/item/itm_6524393072.html
製造販売元 皇漢堂製薬 商品番号:A243930H
■:回答
メーカーに確認しましたが、このお薬を飲まれて、上記の症状がでるなどの報告は今のところないようです。個人的には、肌の張りを改善するようなコラーゲン、コンドロイチン・グルコサミンのトリプルの効果で、肌の骨組みの形成や保湿から、胸がはっているような感じになっているのではないかと推察されます。ですが、子宮がんの既往歴ございますので、年に1度はマンモグラフィーで乳がん検診を受けられることをお薦めします。また、生理前と重なってはいませんか?胸の張りが強調されているのかもしれません。気になる場合には、お薬の服用を中止されて様子を見られてもよろしいかと思います。

下記、成分の情報サイトです。胸がはるなどの副作用はないように思われます。
コンドロイチン硫酸
危険情報
・適切に用いれば経口摂取でおそらく安全と思われる。2ヶ月から6年までの継続投与で安全とされる。
・外用では、点眼薬として適切に用いればおそらく安全と思われる。
・筋肉内注射は安全性が示唆されている。
・妊娠中、授乳中の安全性については充分なデータがないので、使用を避ける。
・経口摂取による副作用はまれであるが、上腹部痛、吐き気を起こす人がいる。臨床試験では下痢、便秘、まぶたの腫れ、下肢の浮腫、脱毛、期外収縮が報告されている。
・点眼薬の副作用としては、眼圧の上昇、目の不快感、白内障手術後の角膜の浮腫などがあげられる。
・コンドロイチン硫酸・鉄コロイド注射液を投与された56-78歳男女4名が、からだや手足に集簇性小水泡(液体がはいっている小さなできものがたくさんできること)を伴う紅斑が出現したという報告がある。

グルコサミン
危険情報
・若い人が長期にわたって摂取すると、自然な軟骨再生力を弱める。
・糖尿病の人は血糖値の変化を見ながら使用する必要がある。
・塩酸グルコサミンは短期間、適切に用いれば経口摂取で安全性が示唆されている。塩酸グルコサミンは16週間までは安全とされていて、それより長期間摂取の安全性については十分なデータがない。したがって妊娠中、授乳中は使用を避けること。
・硫酸グルコサミンは適切に用いれば経口摂取でおそらく安全と思われる)。硫酸グルコサミンは4週から3年まで安全とされている。妊娠中、授乳中の安全性についてはデータが十分でないので、使用を避けること。
・硫酸グルコサミンは短期間、適切に用いれば筋注で安全性が示唆されている。週2回投与で6週間まで安全とされている。
・塩酸グルコサミン経口摂取の副作用としては、軽い胃腸症状(鼓腸、ガス、さしこみなど)が報告されている。
 
コラーゲン 
危険情報
・アレルギーなどでタンパク質に過剰反応する人は注意が必要である。
・ニワトリコラーゲンの安全性については十分なデータがない。従って、妊娠中、授乳中は使用を避けること。
・コラーゲン使用との因果関係が疑われる健康被害が報告されている。
1)68歳女性が、開腹下胆嚢摘出術における止血用動物性微線維性コラーゲンが原因となり、炎症性腫瘍を伴う胆管閉塞を発症した。
2)コラーゲン注入の副作用として、遅延型陽性反応(7例)、ビーズ状反応(165例)、点状出血斑(13例)、紫外線による異常反応(2例)が報告されている。
3)アトピー性皮膚炎、小児喘息の病歴のある7歳女児が、コラーゲン入りの化粧水を塗布後、痒みを伴う発赤と腫脹が出現し、化粧水に含まれていたヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コラーゲンによる接触蕁麻疹と診断された。