ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 手指消毒液について

■:質問
手指用の消毒液が欲しくて探しています。
何種類かあって違いがよくわからないんですけど、エタノール、ポピドンヨード(イソジン)、塩化ベンザルコニウム、アクリノールなどがありますが、違いはなんですか?無水エタノールはもっているんですが、それの場合は皮膚にはつけられないと思うんですけどどうなんでしょうか?
■:回答
大きな違いは、対象となる菌やウイルスに対する効果と消毒する場所によって利用がことなってきます。

イソジンやアクリノールは消毒効果があっても色がつきますので、日々の手指消毒には向きません。
また、塩化ベンザルコニウムは市販では10%のものしか販売されていませんので、使用の際水で0.02~0.1%に薄めて使用しなければならず、こちらもお薦めではありません。

>手指用の消毒液が欲しくて探しています。
簡単な手指消毒ということなら、消毒用エタノール製剤がよろしいかと思われます。
医薬品、医薬部外品とありますが、家庭用であれば、医薬部外品で十分かと思われます。

医薬部外品↓
消毒・除菌用ジェル  http://www.kenko.com/product/seibun/sei_832419.html

医薬品↓
ヒビスコール   http://www.kenko.com/product/br/br_6620093.html
健栄製薬 エタプラス  http://www.kenko.com/product/groupwords/gw_113558.html

>無水エタノールはもっているんですが、それの場合は皮膚にはつけられないと思うんですけどどうなんでしょうか?
無水エタノールは99.5vol%です、消毒用エタノール(76.9~81.4vol%)の範囲内に薄めるためには、無水エタノール80mlを精製水を入れて全量を100mlにすれば、希釈した後の濃度は79.6vol%になります。無水アルコール」と言われる100%に近い高純度のアルコールは消毒効果は80%の濃度のものに比べ消毒効果は低いとされています。
濃度が低いほうが効果があるというのは意外かもしれません。80%のアルコールの殺菌力は強力で、芽胞(破傷風菌など)や一部のウイルスを除いて、ほとんどの細菌に対して効力があります。

すでに消毒用として薄められている商品はこちら↓
消毒用エタノール(消毒用アルコール)(P) 500ml  http://www.kenko.com/product/item/itm_8321517172.html
発売元 健栄製薬 商品番号:S215171H

日本薬局方/精製水  http://www.kenko.com/product/seibun/sei_782037.html