ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 『菊芋』と『桑の葉』について

■:質問
先日『菊芋』と『桑の葉』をいただきました。ダイエット目的で服用しています。どちらも食前15分~30分くらいが一番効果があるようですが同時に飲んでも効果は変わりませんか?また菊芋は噛んで食べるとありますが味が苦手なので粒のまま飲んでも効果は変わりませんか?あと医薬品のゼニカルも食前に飲んでいます。同時期に飲んでもそれぞれの効果に影響はありませんか?

■:回答
まず、菊芋も桑の葉もお薬ではありませんので、過剰な期待はできません。それぞれについては下記のように言われています。

同時に飲まれた場合のデーターがあるわけではありません。下記参考にされて利用をされてみてください。
いっしょに利用するのはあまりお勧めではないかもしれません。

>同時に飲んでも効果は変わりませんか?

菊芋のイヌリンは、胃や腸で消化吸収されないでどろどろした繊維質となるようです。
・この繊維質は、胃の下部や小腸の面を覆って、炭水化物の吸収を妨げます。
・十二指腸では、脂肪の消化吸収にかかわる胆汁酸と複合し、脂肪の吸収を妨げます。

桑の葉の血糖値抑制効果の鍵を握る成分がDNJと呼ばれる1-デオキシノジリマイシンです。桑の葉のDNJはブドウ糖と構造が大変よく似ているためαグルコシダーゼと結びつき、本物のブドウ糖が来ても働けないようにし、糖分は吸収されずにそのまま小腸から大腸へ送られていきます。DNJの結合は比較的ゆるいためブドウ糖の吸収を全て阻害するわけではなく、ゆっくりと吸収されるようになります。結果として食後の血糖値の急上昇が抑えられるといわれています。

>また菊芋は噛んで食べるとありますが
 味が苦手なので粒のまま飲んでも効果は変わりませんか?

下記の商品かどうかわかりませんが、その商品であれば、そのまま飲まれても問題はありません。少し歯をあてて飲まれる方が粒の崩壊が促されるのでよろしいかと思います。

純100%キクイモ粒 300粒
http://www.kenko.com/product/item/itm_6914919872.html 
販売元 アイキ
商品番号:E149198H

>あと医薬品のゼニカルも食前に飲んでいます。
 同時期に飲んでもそれぞれの効果に影響はありませんか?

ゼニカルとの併用についての影響について情報は持ち合わしておりません。

「ゼニカル」は、このリパーゼの阻害酵素、つまりリパーゼの働きを無くす薬です。リパーゼが働かなくなると、食べた脂質は分解されず、腸から吸収されることが出来ません。すなわち食べた脂肪がそのまま腸を素通 りして便として排泄されることになります。