ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 腹部違和感

■:質問

軟便がつづき左下腹部に違和感あり時々右上腹部にも違和感あり痛みはないですよろしくお願いします22歳 171センチ75キロ

■:回答

腹部の違和感が気になるようですね。

便の状態は体調や食べものにもよるのでなんともいえない所です。

臭いのある軟便と臭いのない軟便では対処方が変わってきます。

まず、臭いのある便は、体の中に熱がありますのでその熱を冷ます必要があります。
その時に使う漢方薬は黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

臭いもなく、お腹に冷えを伴う場合には人参湯(ニンジントウ)がお薦めです。

夏場の下痢にはかっ香正気散(カッコウショウキサン)もお薦めです。

お時間がありましたらお電話くださいませ。

お体にあったお薬のご提案ができましたら幸いです。

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)/漢方薬
http://sg.kenko.com/product/seibun/sei_655323.html
比較的体力があり、のぼせ気味で顔色が赤く、肩こり、不眠、いらいら、出血傾向などをともなう人の、のぼせ、ほてり、イライラ感、不眠、動悸、胃炎、二日酔い、鼻血などの出血、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい・耳鳴りなどに利用します。体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。 唐時代の外台秘要方という古典書で紹介されています

人参湯(ニンジントウ)/漢方薬
http://sg.kenko.com/product/seibun/sei_751428.html
胃腸虚弱にて、やせて筋力が弱く、下痢しがちで唇の色が薄い人、手足が冷えて尿の量が多い人の胃腸虚弱、胃アトニー、下痢、嘔吐、胃痛に用いられます。。冷たい食べ物や飲み物でおなかがひえた時の下痢などにも利用されます。漢時代の傷寒論および金匱要略という古典書で紹介されています。

カッ香正気散(カッコウショウキサン)/漢方薬
http://sg.kenko.com/product/seibun/sei_751406.html
胃腸がもともと弱い体質の方の夏かぜや冷たいものの飲食により胃腸が冷やされて起こる下痢・食欲不振などの胃腸疾患や全身倦怠に利用されます。胃腸の余分な水を除いたり、その働きを改善したりする夏のカゼ薬とも言えます。中国宋時代の漢方書和剤局方に紹介されている処方です。