ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 虫刺されについて

■:質問

今日、左手の平に3箇所、肘と手首に各々1箇所ずつ、虫刺されらしい跡を見つけました。よく見るとプツっと2箇所(1mmほどの感覚)、とても小さい水ぶくれのような跡があります。実は昨年の今頃~秋まで、ベッドバグに悩まされました。その時は、駆除の業者に頼んでスプレーをしてもらい、落ち着きました。今回も、その時の症状と似ています。虫の姿を見ないのに、いきなり赤い斑点(各々直径2cmほど)が広がります。だだ今回は、最初にかすかに痛痒い感じがするだけで、その後は全くかゆみがなく、ただ赤い跡と噛まれた跡?の点が残るだけです。今回も、ベッドバグなのでしょうか?年齢 45歳性別 女性身長 172cm体重 65kg病院にはかかっていません。どうぞよろしくお願いいたします。

■:回答

痒みは強くなさそうですので、ベッドバグ(南京虫)ではないと思われます。ツメダニの可能性もあります。

お近くの薬店でアースレッドなどの駆除薬を試されてみてはいかがでしょう。

ツメダニ イエダニ  http://www.earth-chem.co.jp/gaichu/dani/knowledge/index.html

ツメダニは人を刺します。

ツメダニは、ヒョウヒダニやコナダニなどを捕まえて体液を吸って生きているダニです。普通、室内では比較的数が少ない種類ですが、築後2~3年を経過した家屋や新しい畳などで、ヒョウヒダニ、コナダニ、チャタテムシなどが大発生した際、それを捕食するこのツメダニも大発生する場合があります。吸血はしませんが、夜間就寝中に這い出てきて人を刺し、傷口から唾液を入れ、さらに人の体液を吸います。
刺されると、その瞬間は痒みも腫れもないですが、1~2日経つと赤く腫れてかゆみが起こり1週間ほど続くことがあります。(遅延性のアレルギー皮膚炎)

刺されやすい場所は、大腿部、上腕部の内側、腹腰部などに集中し、ふとんや畳に接した側が被害を受けやすいです。

イエダニはネズミに寄生し、感染症を媒介します。

イエダニは、ネズミに寄生し、吸血しているダニです。寄生しているネズミが死ぬと、新たな寄生先を求めて人を吸血することがあります。ネズミがいるということは、イエダニがいる可能性があるということです。
まずは、ネズミの駆除を行ってください。その後、イエダニは感染症を媒介するので、お部屋全体のイエダニ駆除と、部分駆除も行い、必ず最後は掃除機をかけて死骸や糞などを取り除いてください。