ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 糖尿病予備軍

■:質問

長年の暴飲暴食のせいか健康診断で境界型糖尿病、糖尿病予備軍と言われました。担当医から食事療法、運動療法を厳命されましたが長年の不摂生を急に変えることはできません。むしろ糖尿病の飲み薬で血糖値を下げていれば今まで通りの飲酒を含む食生活を送れるのではと思うのですがいかがでしょうか。よく早期発見・早期治療というではありませんか?

■:回答

お気持ちはわかります。

いま、お薬を服薬するまでもないけれども、このままの状態では内服薬から、インシュリン注射へと進みます。
糖尿病の怖さは、その合併症です。
糖尿病の合併症には、糖尿病性動脈硬化、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経症などがあります。
また腎機能が低下してきます。

糖尿病性動脈硬化とは、脳梗塞、心筋梗塞が起こりやすくなります
糖尿病性網膜症は、失明~といったことです。
糖尿病になると、末梢の感覚が鈍くなりケガなどが気づきにくく、バイ菌が入った場合ひどくなることがあります。
また、インポテンツ(性欲減退)など性生活にも影響を及ぼします。

早期発見・早期治療はまず、ご自分の日常生活を見直すことから始まります。
幸い、予備軍~ということでせっかく早期発見されたのに、今まで通りの生活では、早期治療とは言えなくなります。
薬には必ず副作用・・・というものがつきもので、アルコールをとって、薬を服用することで、低血糖などをおこすこともあり、低血糖は昏睡状態から死にいたることもあります。

ご自分の健康管理をしっかりされないとおいしい食事も飲酒も楽しめなくなります。

>甘いもの油っこいものをできる限り減らす。(缶ジュース、缶コーヒーは、止める。)
>腹八分目、よく噛んで食べる。夜食、間食は、止める。
>アルコールは原則禁止。
>一日にできれば一万歩、早足で歩く。(膝や腰、心臓の悪い方は、除きます。うっすらと額に汗をかく程度の運動の強さが理想的だといわれています。)

急に変えれない~というのであれば、徐々に変えましょう。
缶ジュース、缶コーヒーはやめることができますよね。
飲酒は量を減らすこと、それには工夫をされてください。
たとえば、焼酎やビールに無塩トマトジュースを混ぜる・・・周りにはマイブームだと言って。
また、糖質0の発泡酒もあります。味は慣れです。
必ず、一週間に2日、少なくとも1日は全くアルコールを摂らないこと。
食事は野菜を多く摂り、夜遅い時間は豆腐や枝豆などにする。
運動はわざわざ時間をとるのが難しければ、エレベータを使わない、ひと駅歩く。など日常の中でされるよう心がけてください。

どうか、予備軍より健康軍へ戻れるよう励んでください!