ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > ニキビの相談

■:質問

19歳女性です。もともとオイリー肌で思春期ニキビができたこともありましたが、その時はニキビ専用の製品を使用し1か月程度で治りました。高校3年間は全く肌トラブルはありませんでした。

ところが一年前、頬に突然ぽつぽつニキビができ始め、どんどん広がり皮膚科で処方されたディフェリンなどを使い続けました。
治らなくて皮膚が敏感で赤みがめだつようになってしまったので4か月ほどで使用は中止しました。現在は額にコメドが多く、頬は赤みとニキビ跡が全体的にあります。体質は冷え性で血液循環も悪く、生理不順です。化粧品も敏感肌用のオイルフリーのものを使用しています。食生活、睡眠時間などにも気を付けています。

■:回答

ニキビでお悩みとのこと。お顔の皮膚トラブルは、ゆううつですね。ディフェリンはコメド状態にも赤みのあるニキビにも有効なお薬なのですが、あまり効果が感じられなかったんですね。

生活面にも気を付けていらっしゃるようなので、今回は体質に合った漢方薬をご案内します。

お客様の場合、冷え性で生理不順とのことですから桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)がいいと思います。
比較的体力があるようなら桂枝茯苓丸、血行が悪くて皮膚の色が浅黒いようなら荊芥連翹湯を試してみてはいかがでしょうか?
ビタミンB2とビタミンB6も積極的に取り入れてください。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)