ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 花粉症

■:質問

花粉症で医者から、アレグラ・ニポラジン、あるいはアレロック・ニポラジンという二つの組み合わせの薬を処方されたことがあります。どちらの組み合わせがより眠気が強くなりますか。また、どちらの組み合わせにも入っているニポラジンがない場合、より眠気は少なくなりますか。

■:回答

花粉症に処方されたお薬の眠気に対するご質問ですが、各医薬品の臨床試験データは以下のとおりです。
<成人に対する眠気> (※独立行政法人 医薬品医療機器総合機構より)
 ・アレグラ    2.3%
 ・アレロック    7.0%
 ・ニポラジン    2.17%
データからいえば、アレロックが眠気を催しやすいといえます。
しかし、服薬による眠気には大きな個人差があるため、どちらの組み合わせがより眠気が強いかは判りかねます。

また、ニポラジンがない場合は眠気が少なくなるという可能性はあります。
処方薬も、花粉症(アレルギー)のお薬は、たくさんの種類があります。
担当医にご相談されれば、効果と副作用(眠気)のバランスで、ご自身に合ったお薬を処方していただけるものと思います。