ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 夏季疾患について

◆質問

夏バテなのかだるさや食欲不振があります。

なにかお薬などで対処できますか?

◆回答

夏の終わりが近づいてはいますが、その分、蓄積された夏バテ症状があらわれます。、

原因はクーラーや冷たいものの摂り過ぎ、湿気などによるものです。

薬に関して、どのように判断して服用するかと申しますと、

お腹のあたりが冷えて下痢などをするようなときは、水分の代謝をよくするもの。

だるさはやはり湿気などの水はけが悪いために起こり得ますので、それに対応する生薬を含むもの。

暑さにまいってしまって、気力が起こらない、疲れが残る・・そのようなときには、

食欲を増すよう消化管の機能を高めてくれる効果のあるお薬を選びましょう。

たとえば[E:flair]

日射病や熱中症のような症状には、白虎加人参湯。

配合生薬のセッコウには清熱作用があり、炎症をおさえる働きがあります。

夏バテには清暑益気湯補中益気湯消化管の機能改善には

啓脾湯平胃散が効果があり、下痢には五苓散でおさえます。

クーラーの冷えによるだるさや関節の痛みには防已黄耆湯・・・など、漢方薬は夏の病気に大変効果があります[E:diamond]

※使用上の注意をよくお読みになってからお使いください

 

漢方薬には、個人の体質などで選ぶお薬もかわってきます。

どうぞ、ご相談ください[E:chick]