ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 抗生物質(抗菌薬)について

質問◆

抗生物質は病院で風邪などのときに出してもらいますが注意することや副作用は?

子どもの飲ませ方は?

妊娠中に飲んでもいいの?

回答◆

風邪をひいたときや歯の治療、怪我をしたときに処方されることがある、抗生物質などの抗菌薬。病気の原因となる細菌を殺したり、増殖を抑えたりする役割を持ちます

ウイルスや真菌など、細菌以外が原因となる病気については、抗ウイルス薬・抗真菌薬と呼ばれる薬を用います。

一般的に風邪と言われる感染症は、その多くがウイルスによるものです。

「抗生物質を飲めば風邪が治る」「抗生物質は効き目が強い」なんて思い込んでいる人も多いようですが、実は、普通の風邪には抗生物質は効果がありません。

風邪症状で抗生物質が処方されるのは、風邪で体力が弱って、肺炎などの菌に感染しやすくなっている場合などです。

抗生物質が処方された場合は、医師の指示通りにきちんと用法用量を守って処方された日数分を飲みきってください

症状がよくなったと自己判断で抗生物質の服用を途中でやめてしまう、だらだらと長期に

同じ抗生物質を使用するなどは、抗生物質が効かなくなる薬剤耐性菌をつくる原因となります。

子どもを抗生物質耐性細菌から守るためには、医師から本当に必要と判断されたときにだけ、抗生物質を与えることです。カゼは子ども自身の回復力で治ります。

抗生物質はジュースといっしょにとると、その酸味で苦みが増すこともあります。牛乳はお薬の吸収を悪くすることがあります。

そのまま飲むのが一番いいのですが、粉が飲めない、錠剤は出してしまう・・などのときは医師に相談してシロップにしてもらうなど形状をかえてもらうことや、専用のゼリーの使用をおすすめします。

副作用には、常在菌を攻撃するケースもあります。そうなると善玉菌が減ってしまいます。そのため、抗生物質の副作用として、下痢・軟便等が挙げられます。