ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > にきびと食生活

■:質問
こういう事を聞く場所では無いと思うんですが‥。私は小5~今まで(18歳)ずっとニキビに悩まされてます。良いと言われる物(某ニキビケア商品etc)は試しましたが全く良くなりません。今は治るかわかりませんが皮膚科に通っています。そんな時に知り合いが食生活に問題があるのでは?と言われました。ですがどれがニキビに悪くてどれがニキビ改善に良いのかわかりません‥。
よろしければニキビに良くない食材を教えて頂けませんか?本当に悩んでいます‥。あとドクダミが良いと聞きましたが本当ですか?

■:回答
10代はホルモンバランスも安定せずにニキビに悩む時期ですね。ニキビは食生活の影響もあります。また、ストレスを感じた時に出やすくなします。
チョコレートなどの甘いものやコーヒーなどの刺激物、脂っこいものなど、にきびにとって皮脂の分泌を増す食べ物は避けるべきです。ほどほどにしましょう。

ニキビにはビタミンB群の摂取をお勧めします。ビタミンB1を含む強化米や豚ヒレ肉、豚もも肉など、ビタミンB2を多く含む食材は、やつめうなぎ、豚レバー、牛レバー、鶏レバーなど、牛乳やホウレンソウ、わかめ、たまご、干ししいたけなどビタミンB6ではまぐろ、さば、いわし、豆類、穀類などに含まれます。

ニキビによくない食材を考えるより、このようににきびの出来にくい食生活を考えて、間食を減らして3度の食事をバランスよくという、ある意味規律正しい食生活ということが言えるかもしれません。睡眠時間もたっぷりとりましょう。

ドクダミは日本に昔から知られる民間薬で、主として化膿性皮膚炎、水虫等真菌症など皮膚病に外用薬として使われてきました。ニキビ用の化粧品でドクダミ成分の入っているものもあります。また、煎じてのむことで体質改善するといわれていますが、皮膚科のお医者様に通院されているのであれば、お医者様にご相談ください。漢方薬や新しく承認された塗り薬もあります。お客様にに合ったお薬を処方していただけると思い