ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 目のクマについて

■:質問
クマかどうかはわからないんですが,私は目の周りが黒いです。小学校高学年くらいからずっと黒いんです。私は日焼けしていて肌も黒いです。あとアトピーで今はあまり酷くないんですが昔はひどくて、薬はステロイド剤を使っていました。多分この2つが原因だと私は思うんだすが・・・。でも目の周りだけが極端に黒くて美白ケアもしてるのですが,一向によくなりません・・。何かいい治し方(?)みたいなのがあったら教えてください!

■:回答
目の周りのくまは大きく2種類に分けられます。

◆血行不良によるくま
青みがかったぼんやりしたくまが、濃くあらわれたり、薄くなったりしているなら、「血行不良」が考えられます。これは、睡眠不足やなど、体調の良くないときに、血行が悪くなっているときに起こります。また、疲れ目、ドライアイも目のくまには良くないことがわかっています。また、たるみも目立つようになります。

◆色素沈着によるくま
黄色がかった茶色のくまが、体調の良し悪しにかかわらず、毎日あらわれているなら、「色素沈着」が考えられます。これは、目元のメイクや、洗顔、スキンケアのときにこすった刺激や、肌にあわない化粧品の刺激がシミとして残ってしまうのが主な原因です。

まず、血行不良による青っぽいクマのケア方法をご紹介します。1つめは、朝のケアです。朝の洗顔後に、目の周りを「蒸しタオルであたためる→水でぬらしたタオルで冷やす」を2回繰り返します。蒸しタオルは小さめのハンドタオルを塗らして電子レンジでホカホカに暖めれば簡単にできるので、忙しい朝でも実行できますよね。薄いぼんやりしたくまなら、これだけでもかなり目立たなくなります。
2つめは、夜のマッサージケアです。
両手の薬指を使って、上瞼の目頭→目尻→下瞼の目頭と、瞼のふちをくるっと一周します。これも2回繰り返します。
大切なのは、皮膚に刺激を与えて、「色素沈着」のくまの原因にならないように、優しく優しく扱うこと。薬指を使うのも、力が入りすぎないようにするためです。
瞼のふちを1周する際にも、お肌をひっぱらないように、「撫でる」のではなく、「トントンとたたきながらまわる」ようにしてください。もちろん指の力は抜いて行います。
また、わざわざマッサージクリームを使わなくても、夜のお手入れの最後に使う化粧品(美容液か乳液になりますね)をつけるときに、マッサージしながらつけていただければ大丈夫です。

では、色素沈着による対処法をご紹介します。茶色っぽいくまの場合、ホワイトニング成分の入った専用の化粧品(アイジェルなど目元専用美容液)で丁寧にケアしてけば、時間はかかりますが、徐々に薄くなっていきます。そして、一番大切なのは、マスカラやアイラインなどをつけたときは、必ず目元専用のリムーバーでやさしく落とすことです。お顔全体用のクレンジングだとなかなかアイメイクは落とせませんので、ついごしごしこすることになってしまいますが、これが色素沈着の大きな原因のひとつですので、気をつけましょう。

目を酷使していませんか?
パソコンの普及に伴って、目の疲れを訴える方が急増しています。
目は、一箇所を見ているつもりでも、実はたくさんの筋肉が角度を調節しながら視線を微妙に動かし続けていますので、長時間続くと筋肉に疲労がたまり、痛みが生じます。
さらに、集中して見つめるような動作は、視野のピントをあわせる筋肉を緊張させ疲労度を高め、この状態はが長く続くと、ピントの調節機能が十分に働かなくなり視力の低下につながり、また目の周りの血行不良を招きます。そして、眼に受ける刺激は全て脳に伝わるので、過度な刺激は脳神経を興奮させ、頭痛・肩こり・吐き気などの全身への悪影響になってあらわれます。
1時間の連続した緊張から生じる目の疲労を回復させるには、15分の休憩が必要とされています。ですから、出来るだけ頻繁に、せめて一時間に一回は視点を変えて、目を休ませるように心がけましょう。また、目から1m以内の物を見る時に、筋肉の緊張が高まる事がわかっていますので、出来るだけディスプレイから顔が離れるような姿勢を保ちましょう。まぶたの上からのマッサージは、力を入れ過ぎると角膜を傷つける事があるので、注意が必要です。眼球の周りの骨の窪みにそって、軽く抑える程度が望ましいとされています。

目の粘膜を保護するビタミンB2や、視神経の働きを助けるビタミンB12などのビタミンが配合された目薬の使用も効果が期待されます。これらのビタミンは、レバー、魚介類、大豆製品に含まれています。バランスよく食事にとりいれるようにしましょう。
サプリメントとしては、ブルーベリー、ビルベリー、緑黄色野菜に多いカロテンの一種であるルテイン、ゼアキサンチンに、目を刺激から守り、疲労の回復を早める作用があるといわれていますので、お勧めできると思います。

◆化粧品では、目元用コンシーラーがお役に立てるかと思います。
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_774017.html

上記は一般的な目のクマの改善方法です。質問者様の場合は血行をよくするタオルの方法とマッサージをしてみましょう。
色のついた野菜などをしっかり食べていただきたいと思います。体全体を元気にすることで、血行も代謝もよくなります。野菜ジュースをのむのもよいことだと思います。
汗をかくぐらいの運動をして体中の血行をよくするのも一つの方法です。適度に運動しましょう。
アトピーの後遺症ではないかと心配されていましたが少しづつですが皮膚が健康になれば黒ずみも薄くなると思います。