ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 皮ふのかゆみ

■:質問

こんにちは。
娘が車の部品関係の仕事で使う洗浄用の油で油負け?してしまい肘から下がかなり被れてしまいました。病院でアンテベート軟膏0.05%を頂きましたがあまりに痒い場合、抗アレルギー剤レスタミンUコーワ錠こちらを飲んでも差し支えないでしょうか。

それからこの軟膏の注意点が分かれば教えて頂ければ助かります。宜しくお願いします。

■:回答

かなり痒みがひどいようですね。
まずはかかりつけの病院に受診されてそちらで、必要なお薬(内服薬)を処方して頂くとよろしいかと思います。

現在頂いているアンテベートはかなり強い方の塗り薬になります。

ステロイド外用薬の強さは、もっとも強力な1群から、弱めの5群の5段階に分類されます(備考も参照)。このお薬は2群[非常に強力]に入ります。かなり強力なので、症状の重いときに用いるほか、苔癬(たいせん)化した湿疹など皮膚が厚くなっている部分に適します。一般的に、顔など皮膚の薄いデリケートな患部には使用されません。

>この軟膏の注意点が分かれば教えて頂ければ助かります

外用薬ですので、数日使う程度でしたら、副作用の心配はまずありません。もしも、症状がよくならないときや、かえって悪化するときは早めに受診してください。

長く続けていると、ステロイド特有の皮膚症状がでてくるおそれがあります。肌荒れ、皮膚の赤みや萎縮、シワ、多毛などです。また、細菌や真菌(カビ)などによる新たな感染症にも注意が必要です。さらに、大量連用中に急に中止すると、ひどい反発症状を起こす危険性があります。

飲み薬のような全身性の副作用はまずありませんが、長期にわたり大量に用いている場合など、まったくないとはいえません。まれなケースですが、ステロイド外用薬の長期使用による緑内障や白内障の発症例も報告されています。