ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 肌が黄色くなります

■:質問

中学生の娘のことで相談します。

最近夜寝ていると顔色が黄色いことに気づきました。胸元も黄色いきがします。どうしたんだろうと顔に触れると顔に赤みがもどります。黄色い時は肌は冷たい気がします。苦しいとか異常な症状は本人も周りもありません。昼間も普通に生活しています。食欲もあるしとても元気です。部活で疲れてないかな~くらいです。

かかりつけで血液検査もしましたが異常なしとのこと。LDHが243なので基準値超えてます。この数値が高いと溶結性貧血が疑われると聞きました。黄疸も出ることがあると。このままほっておいても大丈夫なのでしょうか?何か薬を飲むべきでしょうか?他の大きな病院で詳しく検査を受けるべきでしょうか?

アレルギー数値は高いです。父親が20年くらい前にC型肝炎でした。

よろしくお願いします。

■:回答

皮膚が黄色くなる例として、カロチン血症があります。手のひらや足の裏が黄色くなるのは血中にカロチノイドという物質が増えて、黄色く見える状況です。これをカロチン血症といいます。

カロチノイドは過剰に摂取しても毒性は生じませんが、皮膚が黄色になることがあるのです。過剰に摂取した場合、手のひらや足の裏が黄色くなりやすいのです。なりやすい体質があるようです。

まれに肝疾患、糖尿病、甲状腺機能低下症ではカロチン血症になりやすいと言われています。またプロビタミンAカロチノイドを変換する酵素が先天的に欠損している小児にも出てきやすいのですが、普通に手のひらや足の裏にのみ見られる程度であれば大丈夫です。

C型肝炎の検査はされていらっしゃいますか?

気になる症状もあるようですので、消化器が専門の病院に相談されることも大切かと思います。
お父様がC型肝炎とのこと、ウイルスのキャリアかどうかの確認はされた方がよいでしょうね。

参考になりましたら幸いです。