ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康情報Q&A > 皮膚のかゆみについて

質問:

皮膚が乾燥してかゆみが起こります。とくにお風呂に入って温まったり、おふとんにはいって温まるとかゆみが増してかかずにいられません。アトピーなどはありません。

病院でステロイドの薬をもらいましたが、長く使用することに抵抗があります。何かステロイドの入っていない薬はありませんか?

回答:

冬の乾燥した時期になるとこのような相談が多くなります。

かゆくなってその部分を掻いて傷つけると、皮ふは炎症をおこしかさぶたのようになってまた、かゆみが起こるという悪循環をくりかえし、ひどい場合はケロイドのようになることもあります。そのようになった場合はステロイドの入った外用薬を塗って、まず炎症を抑え、抗ヒスタミン薬の外用薬でかゆみを抑えます。

ステロイドは長く使用すると、副作用がおこりかえって発赤したり、湿疹がひどくなることもあります。医師とよく相談したうえで、ステロイドの使用はおこなってください。

乾燥が原因の場合は、やはり保湿が一番です。

それにはヘパリン類似様物質といわれるものを含むものや、尿素を含むもの、ビタミンなどあります。いずれも、掻き過ぎて皮ふに傷ができ痛めているときは、使用するとかえってひどくなるときや刺激感を感じることがあります。まず皮ふを保護して外からの刺激を和らげることも大切です。その代表的な外用薬にワセリンがあります。べたついて塗りにくいような場合は、少量の水を混ぜて伸ばして塗るといいです。

2~3日して落ち着いたら、症状にあわせて先に述べたようなお薬を使用してください。

また、内服薬で身体の中から、皮ふ症状を緩和する漢方薬などもあります。

併用することで、改善を早める場合もあります。症状によって使用するお薬が違います。

薬剤師にご相談ください。

<おすすめの医薬品>

大洋製薬 白色ワセリン 500g

ケラチナミン コーワ 乳状液20 200g

フェルゼア ヘパキュアクリーム 90g

ユースキンI(アイ) 110g

当帰飲子エキス 細粒 2g×48包

→冷え性で分泌物の少ない慢性湿疹、かゆみに効果のある漢方薬です。

ツムラ漢方 消風散(1022) 24包

→かゆみが強く分泌物があり、痂皮(かさぶた)が出来るような慢性湿疹に効き目があります。

ツムラ漢方桂枝茯苓丸料エキス顆粒A(1025) 24包