ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > Rakuten Direct プレスリリース > ケンコーコム、医薬品ネット販売規制裁判 最高裁での上告棄却判決を受け、コメントを発表

※PDF版をダウンロード

健康食品や医薬品などをインターネットで販売するEコマースサイト「ケンコーコム」(http://www.kenko.com/)を運営するケンコーコム株式会社(代表取締役:後藤玄利、以下「ケンコーコム」)は、薬事法施行規則等の一部を改正する省令に関する訴訟について、2012年4月26日に東京高等裁判所にて判決(ケンコーコム勝訴)が言渡されました。その後、2012年5月9日に厚生労働省が上訴しましたが、2013年1月11日、最高裁によって上告が棄却、高裁判決が確定したことを受け、以下のコメントを発表します。


1.上告棄却判決について代表取締役 後藤玄利のコメント

本日、最高裁において、勝訴の判決をいただくことができました。
今からおよそ4年前、「ネット販売は危険だ」「お客さまに、薬剤師が目の前で薬の説明をしないと売ってはならない」、そういう理由で、ネットでの第1類・第2類医薬品の販売が禁止されました。しかし、第一類・第二類の医薬品というのは、例えば、風邪薬、胃薬、妊娠検査薬のようなごく一般的な、自分で選んで買える薬です。

私たちは、厚生労働省に許可された薬局であり、東証の基準を満たした上場企業です。薬剤師も常駐しています。買い過ぎを防いだり、服薬アンケートの仕組みをきっちりと構築して、安全に薬を取り扱い販売してきました。医薬品販売を始めてから10年間、ケンコーコムでは副作用の報告は1件もありませんでした。もし副作用があったならば、この裁判でも証拠としてそれが出されたはずです。それでもネットで薬を売ることが禁止されたのです。その省令に対して155万人もの人たちが、怒り、あきれて、反対の署名をしてくれました。でも、155万人の署名をもってしても、何も変わりませんでした。

私たちはこの4年間・・・ 精神的にも経済的にも、大変苦しみました。

このような薬は、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリアなど、先進国の多くの国でも、すでにネットで販売されています。他の多くの先進国で認められ問題ないことが、日本では駄目だと言われる。これにただ黙って従っていたら、日本がおかしくなってしまいます。新しいビジネスを、違法でもないのに、突然国がやめさせてしまう。そんな日本では若い人たちが、どうやって夢を持って起業することができるのでしょうか。それも裁判を起こした理由の一つです。

国を相手にするのですから、本当に今日まで長い苦しい戦いでした。なかでも一番つらかったのは、東日本大震災です。薬局がなくなった地域の皆さんに、薬をどうしてもお届けしたいと思いました。
しかしそれすら許されませんでした。

本日、皆さんの心温まる支えのおかげで、ケンコーコムとウェルネットは、薬の販売の再開を認められました。この感謝の気持をどう言葉にあらわしたらいいのかわかりません。

これからも安全で便利な販売を続け、健全な社会に貢献していきたいと思います。
これを支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。


2.本件の係属裁判所等
最高裁判所: 平成24年(行ヒ)第279号 
担当:裁判長竹内行夫、裁判官須藤正彦、千葉勝美、小貫芳信
上告受理申立 : 平成24年5月9日
上告受理 : 平成24年12月21日
判決言渡し : 平成25年1月11日

3.本件上告審の内容
(1)上告審判決の内容:
本件上告を棄却する。
上告費用は上告人の負担とする。

(2)上告棄却により確定した本件控訴審の内容
控訴審判決の内容 : 
1 原判決主文第2項を取り消す。
2 控訴人らが、医薬品の店舗販売業の許可を受けた者とみなされる既存一般販売業者として、平成21年厚生労働省令第10号による改正後の薬事法施行規則の規定にかかわらず、第一類医薬品及び第二類医薬品につき店舗以外の場所にいる者に対する郵便をその他の方法による販売をすることができる権利(地位)を有することを確認する。
3 控訴人らのその余の控訴をいずれも棄却する。
4 控訴費用は、第1、2審を通じ、これを3分し、その2を控訴人らの、その余を被控訴人の負担とする。


【参考】
・ケンコーコム、医薬品ネット販売規制訴訟 最高裁「判決文」公開
http://blog.kenko.com/company_pr/2013/01/post-6f3e.html


【ケンコーコムの概要】(http://www.kenko.com/
2000年5月にスタートした健康食品、医薬品、健康機器など健康関連商品のECサイト。取扱商品数約20万点(2013年1月現在)。2004年6月に東証マザーズ上場。

【お問い合わせ先】
ケンコーコム株式会社 広報室 滝澤 
TEL:03-3584-4138 
MAIL: pr@kenko.com