ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > ケンコーコム プレスリリース > ケンコーコム、要指導医薬品指定差止請求訴訟 第二回期日についてコメントを発表

※PDF版をダウンロード

健康食品や医薬品などをインターネットで販売するEコマースサイト「ケンコーコム」(http://www.kenko.com/)を運営するケンコーコム株式会社(代表取締役:後藤玄利)は、「要指導医薬品指定差止請求訴訟」の第二回期日についてコメントを発表しました。

 

1.第二回期日について代表取締役 後藤玄利のコメント

ケンコーコムは、一般用医薬品の一部について、新たに設けられることとなった要指導医薬品について、その指定処分の差止めを求め、2014年1月27日に東京地方裁判所に差止訴訟を提起いたしました。しかし、被告である国(厚生労働省)がようやく実質的な反論をしたのは、訴訟提起から4ヶ月近く経過した2014年5月16日に至ってのことでした。現在、厚生労働省は要指導医薬品の指定に関するパブリックコメントを募集しておりますが、その期限である5月27日以降、ただちに厚生労働大臣の告示によって正式に要指導医薬品が指定される見込みです。要指導医薬品が指定されてしまった途端、指定処分の差止を求める本件訴訟は訴訟要件を欠くこととなってしまいます。当社は、時間切れで手遅れになることがないよう、裁判所に対して、公正かつ迅速に指定を差し止めていただけるよう、訴訟提起当初から一貫して求めてまいりました。主張提出の先延ばしからも明白である国の緩慢な態度は、本件差止訴訟の迅速な進行を妨げるだけでなく、その間に要指導医薬品の指定作業を進め、本差止訴訟の判決までに指定処分を完了させてしまおうとする悪質な行為であると考えます。 

そもそも要指導医薬品のネット販売禁止の制度を創設するに当たっては、単に医療用医薬品から一般用医薬品にスイッチされたばかりでリスクが不明であるため、薬剤師が五感で判断する必要があるという理由が付けられただけで、合理的・科学的な根拠はまったく示されておらず、販売可否の検討をする議論の場すら設けられませんでした。要指導医薬品に指定される見込みの医薬品は、薬剤師による丁寧な情報提供のもとで慎重に販売することで、これまで当社が問題なく患者の皆様にお届けしている医薬品であり、インターネット販売に起因する副作用の報告はされておりません。これを禁止することは、当社の営業の自由を侵害するのみならず、医薬品を迅速かつ便利に入手しようとする患者の皆様の利益をも害するものです。

国には無意味に裁判を長引かせようとする態度を即刻正し、要指導医薬品の指定に関してどういった審議がなされたか等の情報を適時に明らかにするなど、当社の訴えに真摯に向き合っていただけるよう強く求めます。

 

2.第二回期日のご報告

【第二回期日開催概要】

事件番号:平成26年(行ウ)第29号

第二回期日:2014年5月21日(水)15時 

法廷:東京地方裁判所 803号法廷

民事第38部 裁判長谷口豊,裁判官竹林俊憲,裁判官中野雄壱

 

【次回期日】2014年7月16日(水)15時 803号法廷

 

【本件訴訟の概要】

原告:ケンコーコム株式会社 

被告:国 (処分庁:厚生労働大臣)

 

請求内容:

ケンコーコムは、2013年1月11日の最高裁判決によって、第一類医薬品及び第二類医薬品を店舗以外の場所にいる者に対する郵便その他の方法による販売をすることができる権利(地位)を有することが確認された。しかし、厚労省はこの判決が、授権規定の存在を否定したにとどまるものとし、そのことをいわば逆手にとる形で、一般用医薬品の一部(スイッチ直後品目等)を「要指導医薬品」という新たなカテゴリーに入れ、そのネット販売を禁止する薬事法改正案を作成し、この改正案は国会で可決されてしまった。今後、厚生労働大臣によって、要指導医薬品が指定された場合、改正薬事法が施行されれば、ケンコーコムでこれまで問題なく販売できていた一般用医薬品の一部であるスイッチ直後品目等のネット販売が禁止されることになる。
ケンコーコムは、一般用医薬品の一部について、要指導医薬品という新たなカテゴリーを創設してそのネット販売を禁止することとした新薬事法の規定の違憲及び審議会の指定の違法を理由に、これらの規定に基づく要指導医薬品の指定の差止を求める。

原告の本件訴訟における請求は以下のとおりである。
1.厚生労働大臣は別表に掲げる一般用医薬品を薬事法及び薬剤師法の一部を改正する法律(平成25年法律第103号)による改正後の薬事法4条5項4号に基づく要指導医薬品として指定してはならない。

2.訴訟費用は被告の負担とする。

 

【参考】

・薬事法第4条第5項第4号の規定に基づき厚生労働大臣が指定する医薬品を定める件(案)に関する意見募集

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495140041&Mode=0

・ケンコーコム、「要指導医薬品指定差止請求事件」訴状提出(2014年1月27日)

http://blog.kenko.com/company_pr/2014/01/post-5b20.html

・ケンコーコム、要指導医薬品指定差止請求訴訟 第一回期日ついてコメントを発表(2014年3月11日)

http://blog.kenko.com/company_pr/2014/03/post-ab3d.html

 

【ケンコーコム株式会社の概要】(http://www.kenko.com/)                                                                        

2000 年5 月にスタートした、取扱商品数 約18万点(2014 年5月現在)の健康関連商品 EC サイト「ケンコーコム」を運営。2004 年 6 月に東証マザーズ上場。

 

【お問い合わせ先】 

ケンコーコム株式会社 

広報室 

Tel:03-3584-4138 

Mail:pr@kenko.com