ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > うつ病ってどんな病気?

最近、よく「うつ」という単語や「ストレス障害」などという言葉をニュースなどで良く耳にしますがいったいどんな症状なのか、どんな病気なのか意外と知られていません。これらは精神障害の一種で決して特別な病気ではなく、誰にでもかかりえる心の風邪ともいえる病気ですが、放っておくと症状が進行し直りにくくなります。

                                 ケンコーコム薬剤師 倉重 達一郎

★うつ病ってどのような病気?
誰でも仕事上のミスや職場関係、家族関係などの人間関係で気分が落ち込むことがあります。しかし、たいていの場合は、スポーツに打ち込んだり、趣味などに熱中したりしてストレスを発散することで、「明日から頑張ろう!」という気持ちになります。しかし、こうしたストレスを発散することがない状態が続くことで、いつまでも気分がゆううつで元気が出ない状態が続く場合を「うつ状態」と言います。うつ状態が長引く(通常2週間以上)と、「自分はつまらない人間だ」とか「家族や同僚に対して役に立てずに申し訳ない」などと考えるようになったり、物事を決められなくなったり、実行できなくなったりして、日常生活に支障が出てきます。これが「うつ病」です。
つまり、うつ病とは人間が本来持っている元気がなくなり、それに伴って意欲や行動も低下する「心の病」です。また、うつ病では、肩凝りや不眠、倦怠感などさまざまな身体的症状を伴うことも少なくありません。

★どんな症状があるの?
うつ病の初期では、上に書いたとおり、なんとなくゆううつで元気がないとか、以前好きだった事があまり興味なくなった、睡眠が浅いとか寝つきが悪い、などの症状で、ほとんどの方が、まさかそれが「うつ病」と気づかないケースがほとんどです。
そのため、知らず知らずのうちに悪化してしまう事が多いようです。
うつ病の症状は大きく分けると2つに分かれます。
① 身体症状
・睡眠障害(不眠、早朝覚醒)
・頭痛・肩こり
・倦怠感・疲労感(だるい、重い)など
・食欲不振
・性欲減退

② 精神症状
・興味がわかない(以前好きだったことがあまり興味をもてなくなる)
・抑うつ気分・悲壮感(気分が落ち込んで、物事を悪く考える)
・仕事や考えに自信がもてない
・とり越し苦労する       など

★どのような治療があるの?
うつ病の治療は、休養、薬物療法、精神療法の3本柱からなっています。

薬物療法は、現在では、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内の神経伝達物質が、
気分が落ち込み、抑うつの状態になると減るということがわかっており、それを補充していく薬剤が開発されて効果をあげています。以前は、この神経伝達物質を増やそうとすると他の身体作用を引き起こす神経伝達物質も一緒に増えてしまい、口が渇いたり、便秘になったり、気持ちが悪くなったりと、副作用も多かったのですが、現在では、このセロトニンやノルアドレナリンという、意欲や活力を上げる物質だけを選択的に増やせる薬が開発され、副作用の少ない治療ができます。

ただし、うつ状態にはいろいろな症状や病気の原因があり、軽度なものから重度までさまざまです。うつ病の治療で一番大切なことは、焦らずゆっくり休むことです。
そのうえで、うつ状態に気付いたら早めに専門のお医者様にかかることが大事です。

また、家族や職場など周囲の人は、うつ病を理解することが不可欠です。本人を気づかうことは大切ですが、「頑張れ」と励ますことや「重大な判断」を求めることは、かえって負担をかけることになるので気をつけましょう。