ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > 平成20年4月からメタボリックシンドロームの健診・保健指導の実施

平成20年4月から40歳以上の被保険者・被扶養者に対して、メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導が実施されます。

             ケンコーコム薬剤師 中山 美紀

生活習慣病対策を各自治体、医療保険者(勤務先)、被保険者本人・被扶養者本人がそろって担うことで、生涯を通じた健康管理が実施できるようになります。

●平成20年4月から始まります。
40歳以上の被保険者・被扶養者に対するメタボリックシンドロームに着目した健診・保健指導の実施が医療保険者に義務化されます。
健診データは、医療保険者が変わっても、引き継いで管理してもらえます。

健康診査の結果からメタボリックシンドロームのリスクに応じて、保健指導の必要性ごとに「情報提供」「動機づけ支援」「積極的支援」に区分されます。

厚生労働省ホームページ参照

年に一度はちゃんと検診を受けて健康管理を心がけましょう。

※メタボリックシンドロームとは
糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。
内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といいます。
まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します。