ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > がん5年生存率、病院ごとに初公表

国公立のがん専門病院などでつくる「全国がんセンター協議会」は、施設名を明らかにして、胃がん、肺がん、乳がん、大腸がんの「5年生存率」を公表しました。
これは、患者の要望に応えるという意味もありますが、それと同時に、各施設の「差」についてその要因分析を促し、全国で同じ水準の治療を受けられるようにするという目的があるようです。

                                    ケンコーコム薬剤師 中山美紀

一般に、各施設が公表しているがん患者の生存率を見て、その施設の「治療の腕前」とみなしてしまう傾向がありますが、がん患者の生存率に影響する要因は、治療効果の他に、患者側の要因も強く関わります。さらに、算出される生存率値は、その基となるデータソースの由来や、対象となった患者の生存確認調査(予後調査)方法などにより偏りが生じます。

このため、全がん協加盟施設はこれまで以上に生存率のデータの信頼性を高めるよう、「全がん協加盟施設におけるがん患者生存率公表にあたっての指針」を策定しました。

しかしながら、がんの治療法は様々ですし、治療の時期(ガンの進行度)も異なります。生存率は施設の治療技術のみを反映するものではないことを十分理解した上で、数値やグラフをご覧ください。

新聞にも簡単な生存率が公開されていましたが、「全がん協加盟施設の生存率協同調査」のホームページにより詳細なデータがでていますので、是非そちらをご覧いただいたほうがいいでしょう。単純に生存率だけで比較するよりも違うものも見えてきます。

全がん協加盟施設の生存率協同調査
http://www.gunma-cc.jp/sarukihan/seizonritu/