ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > 医薬品等を海外から購入する際は充分注意しましょう。

年度末を迎え、そろそろ春休みの予定やゴールデンウィークの計画を立てはじめる方もいらっしゃると思います。最近では海外旅行も気軽に行けるようになりました。しかし、海外の旅行先で医薬品等を購入して持ち帰ったり、インターネットを利用して海外から医薬品等を取り寄せたりする方も多いようですが、こうした医薬品等は国内の薬事法で管理されて販売されている医薬品に比べ大きなリスクがあります。厚生労働省も注意を呼びかけています。

ケンコーコム薬剤師  倉重 達一郎

現在、外国の旅行先で購入した医薬品等を持ち込んだり、外国のインターネットサイトを利用して医薬品等を日本国内に持ち込むことは、個人が自分で使用する場合のみ、認められています(輸入できる量が制限されています。)しかし、他人への販売や授与は認められていませんので、他人の分もまとめて輸入することは認められていません。

一定の条件のもとに個人輸入が認められている背景は、過去に外国に在住していて現在、日本国内で暮らしている方が、外国で使用していた医薬品等を継続して使用できるように便宜を図られたもので、使用したことのない医薬品を外国から取り寄せたり、持ち込むことためのものではありません。

外国の医薬品等は、地域によりますが、日本国内と同じレベルでの品質管理が行われていない事があります。品質などの確認が行われていない医薬品等は、期待する効果が得られないばかりか、有害な物質が含まれている場合があります。

また、いわゆる健康食品やサプリメントなどについても、日本国内における医薬品成分が含まれていることがあり、思わぬ健康被害を引き起こすことがあります。

そもそも、外国の医薬品は、同じ医薬品成分であっても、国内で流通している医薬品よりも含有量が極端に多かったり、国内では承認されていない成分が入っていたりと、個人の判断だけで服用することは大変危険を伴う行為です。さらに、流通経路の分からない医薬品等を海外から取り寄せることも同様に危険です。

医薬品の個人輸入を考えている方には、自分ひとりで判断せずに、お住まいの地域の医師や薬剤師などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

なお、厚生労働省のホームページにも、医薬品等を海外から購入しようとされる方に対して注意喚起がされていますので参考にしてください。

厚生労働省ホームページ

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/index.html

また、米国食品医薬品庁(FDA)が一般向けに注意喚起を行っている医薬品情報もありますので参考にしてください。

厚生労働省ホームページ(FDA 一般使用者向け注意事項)

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1.html