ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > ~化粧品と薬用化粧品の違いについて~

化粧品は、その使用目的によって「スキンケア製品」と「メイクアップ製品」に大別されます。スキンケア製品は肌のお手入れする目的、メイクアップ製品はより美しく粧う目的のものです。
最近は、スキンケア製品を中心に積極的に化粧品を使用される男性も多いようです。
これら化粧品は、日々使用する日用品でもあり、肌を健やかに保つための保健用品、時にはリッチな気分を満喫できる贅沢品として、生活に欠かせないものです。
今回は、様々な社会的意義を持つ化粧品を、薬事法の側面からピックアップました。

                                      ケンコーコム薬剤師 坂本由美子

化粧品は、医薬品と同じように薬事法によって定義されています。また、いわゆる普通の「化粧品」と「薬用化粧品」に分類され、薬用化粧品は医薬部外品の一部に該当します。
薬用化粧品の多くはスキンケア製品ですが、一部のメイクアップ製品も薬用化粧品として開発されたものがあります。

201303141

化粧品は、薬事法で定められた基準によってつくらなければなりませんが、現在は、使用が制限・禁止されている一部の成分を除いて、基本的に自由につくることができます。化粧品を製造販売するには、製造販売業者登録のある都道府県に届出れば可能で、特別な承認は必要ありません。そのかわり、配合成分を全成分表示することが義務付けられ、製品の安全性は化粧品製造販売業者が責任を持つということになっています。
一方、薬用化粧品には有効成分が含まれ、一定の薬理的な効能を表記することができますが、その製造販売に際しては、個別の品目ごとに厚生労働大臣または都道府県知事の承認が必要となります。

薬用化粧品は化粧品と違って全成分の表示は義務付けられていません。しかし、業界団体の自主規制として全成分を表示する方針を決めており、全成分を表示しているものがほとんどです。全成分の表示に際しては、「有効成分」と「その他の成分」をわけて表記しなければなりません。

最後に、化粧品と薬用化粧品での表現できる効能の違いを一覧にまとめました。
日ごろ、使用するときには化粧品と薬用化粧品の違いを意識することはないでしょうが、薬事法からみればその違いがはっきりしますね。

種類化粧品の効能医薬部外品の効能
ヘアケア
(ヘアトニック等)
・頭皮,毛髪を清浄にする。
・香りにより毛髪,頭皮の不快臭を抑える。
・頭皮,毛髪をすこやかに保つ。
・毛髪にはり,こしを与える。
・頭皮,毛髪にうるおいを与える。
・頭皮,毛髪のうるおいを保つ。
・毛髪をしなやかにする。
・クシどおりをよくする。
・毛髪のつやを保つ。
・毛髪につやを与える。
・フケ,カユミがとれる。
・フケ,カユミを抑える。
・毛髪の水分,油分を補い保つ。
・裂毛,切毛,枝毛を防ぐ。
・髪型を整え,保持する。
・毛髪の帯電を防止する。
※育毛的効果の表現は不可
<育毛剤(養毛剤)>
育毛,薄毛,かゆみ,脱毛の予防,毛生促進,発毛促進,ふけ,病後・産後の脱毛,養毛。
除毛剤 ※除毛的効果の表現は不可 <除毛剤>
除毛。
毛染め ・頭皮,毛髪にうるおいを与える。
・頭皮,毛髪のうるおいを保つ。
・毛髪をしなやかにする。
※毛髪表面を物理的にコートする表現(ヘアマニキュア)
<染毛剤(脱色剤,脱染剤)>
染毛,脱色,脱染。
歯磨き粉 ・口中を浄化する。
・口臭を防ぐ。
※以下は使用時にブラッシングを行う場合可能な表現
・ムシ歯を防ぐ。
・歯を白くする。
・歯垢を除去する。
・歯のやにを取る。
・歯石の沈着を防ぐ。
歯を白くする,口中を浄化する,口中を爽快にする,歯周炎(歯槽膿漏)の予防,歯肉(齦)炎の予防,歯石の沈着を防ぐ,むし歯を防ぐ,むし歯の発生及び進行の予防,口臭の防止,タバコのやに除去。
せっけん ・皮膚をすこやかに保つ。 <殺菌剤主剤のもの>
皮膚の清浄・殺菌・消毒。
体臭・汗臭及びにきびを防ぐ。
<消炎剤主剤のもの>
皮膚の清浄,にきび・かみそりまけ及び肌あれを防ぐ。
浴用剤 ・皮膚にうるおいを与える。
・皮膚を保護する。
あせも,荒れ性,うちみ,肩のこり,くじき,神経痛,湿疹,しもやけ,痔,冷え症,腰痛,リウマチ,疲労回復,ひび,あかぎれ,産前産後の冷え症,にきび。
消臭スプレー等 ・香りにより毛髪,頭皮の不快臭を抑える。
※香りによる「臭いのマスキング」のみ表現可能
<腋臭防止剤>
わきが(腋臭),皮膚汗臭,制汗。

<化粧品の効能>
平成23年7月21日 医薬発第0721号より抜粋

<薬用化粧品の効能>
昭和36年2月8日 薬発第44号、昭和36年11月18日 薬発第470号、昭和55年10月9日 薬発第1341号より抜粋