ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > ~不眠とお薬について~

皆さんは、ご自身の睡眠に満足されているでしょうか?適切な睡眠は健康の基本ですよね。ところが、国が実施した調査によると、日本人の5人に一人が「睡眠で休養が取れていない」「何らかの不眠がある」と回答したそうです。快眠を自覚される方は多くないのかもしれません。今回は、健康と密接に関わりのある「眠り」の話題と合わせて、眠りの質を改善したり、寝つきを良くする目的で使用される、『催眠鎮静薬』をピックアップしてみました。
『催眠鎮静薬』は睡眠を誘発する医薬品の総称ですが、何となく悪いイメージを持たれがちな医薬品カテゴリーではないでしょうか?ここでは、不眠に関する情報とともに、市販されているお薬で対応できる症状や医師の診療を受けるべき症状の違いなどをご紹介します。

こんな経験はありませんか?
大事な試験の前日に緊張して寝付けなかった。
ちょっとした悩みごとがあって熟眠できなかった。
旅行先で枕が替わって眠れなかった。 
・・・などなど

                                      ケンコーコム薬剤師 坂本由美子

このような不眠は一時的なものなので、特別な注意は必要ありません。翌日の試験や旅行、お仕事の状況に応じて市販されている睡眠改善薬を服用されることも選択肢としてご検討いただけます。ただし、配合成分によっては服用いただけない場合もあります。市販の睡眠改善薬を服用される際は、服用中の他の医薬品や持病、症状などを薬剤師や登録販売者にご相談ください。
睡眠改善薬(例)・・・ドリエルEX 6カプセル

一方、慢性的な不眠の症状がある場合は、市販薬で対応するのではなく医師の診療を受けてください。受診の目安としては、睡眠に関する問題が1ヶ月以上続く場合、1ヶ月経過していなくても、日中の倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの不調が伴う場合は我慢せずに受診されることをお勧めします。不眠の症状はいくつかのタイプに分類され、症状に応じたお薬を処方していただくことができます。

1)入眠障害:寝付きが悪い
2)中途覚醒:途中で何度も目が覚める
3)早朝覚醒:早朝に目が覚めてしまう
4)熟眠障害:ある程度眠ってもぐっすり眠れたという満足感(休養感)が得られない

また、不眠の原因には様々あり、原因に応じた対応が必要となります。心理的・精神的な心の問題だけではなく、服用中の他の医薬品やカフェイン・アルコールなどの嗜好品や生活習慣や環境が原因となっている場合もあります。あるいは、高血圧や糖尿病、脳梗塞のような疾患が潜んでいる可能性も考えられます。

最後に、厚生労働省の睡眠障害の診断・治療ガイドライン作成とその実証的研究班が報告した「睡眠障害対処12の指針」をご紹介します。
<睡眠障害対処12の指針> ※睡眠障害:不眠症、過眠症、睡眠覚醒リズムの障害も含む

1. 睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分
睡眠の長い人、短い人、季節でも変化、8時間にこだわらない
歳をとると必要な睡眠時間は短くなる
2. 刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法
就床前4時間のカフェイン摂取、就床前1時間の喫煙は避ける
軽い読書、音楽、ぬるめの入浴、香り、筋弛緩トレーニング
3. 眠たくなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない
眠ろうとする意気込みが頭をさえさせ寝つきを悪くする
4. 同じ時刻に毎日起床
早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる
日曜に遅くまで床で過ごすと、月曜の朝がつらくなる
5. 光の利用でよい睡眠
目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計をスイッチオン
夜は明るすぎない照明を
6. 規則正しい3度の食事、規則的な運動週間
朝食は心と体の目覚めに重要、夜食はごく軽く
運動習慣は熟睡を促進
7. 昼寝をするなら、15時前の20~30分
長い昼寝はかえってぼんやりのもと
夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響
8. 眠りが浅いときは、むしろ積極的に遅寝・早起きに
寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減る
9. 睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のぴくつき・むずむず感は要注意
背景に睡眠の病気、専門治療が必要
10. 十分眠っても日中の眠気が強いときは専門医に
長時間眠っても日中の眠気で仕事・学業に支障がある場合は専門医に相談
車の運転に注意
11. 睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと
睡眠薬代わりの寝酒は、深い睡眠を減らし、夜中に目覚める原因となる
12. 睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全
一定時刻に服用し就床
アルコールとの併用をしない

いかがでしょうか?眠れない時の飲酒、寝る努力として眠くなくても布団へ・・・など、陥りがちですよね。できることから取り入れて、健康な睡眠を手に入れてください。