ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > ~おなかの調子を整える 整腸薬~

お腹の調子が悪いとき、どんなお薬を選びますか?下痢や軟便なら下痢止め、便秘なら便秘薬という選択をされることが多いと思います。今回は、乱れた腸の機能を整える「整腸薬」を取り上げました。整腸薬は、軟便にも便秘にも効能を持ち、医薬品だけでなく医薬部外品(指定医薬部外品)として購入できるものも多数あります。

整腸薬に配合される成分は、乳酸菌やビフィズス菌をはじめとする整腸生菌や生薬が主体です。整腸生菌を主成分とした整腸薬は、激しい下痢や頑固な便秘の症状に対して即効性を期待できるものではありませんが、日ごろから服用しておくことで、おなかの不調を起こしにくい腸内環境へと整えます。

整腸薬に配合される成分をご紹介しましょう。

<整腸生菌成分の種類と働き>
整腸生菌成分のほとんどは、人間の腸内から有益な種類を分離増殖させたものです。生きた菌を乾燥させることで仮死状態にしています。服用して水分を吸収することで、再び菌として活動を始めます。

■乳酸菌、フェカリス菌、アシドフィルス菌、ラクボン原末
乳酸菌は、腸内で糖類から乳酸を産生させることで腸内pHを低下(酸性化)させ、大腸菌や病原菌等の悪玉菌の発育を抑制します。また、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にする働きもあります。

■ビフィズス菌
ビフィズス菌は乳酸菌の一種ですが、腸内で乳酸だけでなく酢酸も産生します。乳酸と同じく腸内pHを低下(酸性化)させることで整腸作用をあらわします。

■酪酸菌、宮入菌
酪酸菌は腸内で酪酸を産生し、乳酸菌やビフィズス菌と同様、腸内pHを低下(酸性化)させることで整腸作用をあらわします。芽胞を形成することから、特に胃酸にも強い菌といわれています。

■納豆菌
乳酸菌等の腸内善玉菌の増殖を促進することで整腸作用をあらわします。

<生薬成分の種類と働き>
■ケツメイシ
カワラケツメイ属マメ科の植物で、エビスグサの種子です。整腸(便通を整える)、腹部膨満感、便秘に効果があります。一般には「ハブ茶」としても普及しており、健康茶として広く飲用されています。


■ゲンノショウコ
フウロソウ属の植物で、薬用には地上部を用います。ゲンノショウコという名称は「この植物を煎じて服用すれば(現に効くのが証拠である)」という「現の証拠」に由来すると言われています。整腸(便通を整える)、腹部膨満感、軟便、便秘に効果があります。

下痢止めや便秘薬を服用するほどでもないけれど、お腹の調子が悪いというとき、あるいは、日ごろからお腹が弱く「環境の変化で便秘しがち」「ガスがたまって苦しい」といった症状を繰り返すような方は、しばらく整腸薬を服用されてみてはいかがでしょうか。整腸薬は、腸内環境を整える観点から、おなかの不調時に服用するだけでなく日常的に服用できるお薬なのです。
また、食中毒による下痢の症状では、菌の産生する毒素を便として排出させるためにも下痢止めは慎重に使用すべきと言われます。そんな場合の下痢であっても整腸生菌成分の整腸薬はお使いいただけるお薬です。

医薬部外品の整腸薬

■医薬品の整腸薬
ビオフェルミンVC 120錠   
ザ・ガードコーワ整腸錠PC 360錠
パンラクミンプラス 300錠
など

                                      ケンコーコム薬剤師 坂本由美子