ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > ~頼れるお薬「総合胃腸薬」と注意が必要な胃腸の症状~

これまで、様々な種類の胃腸薬(制酸薬、健胃薬、整腸薬、消化薬)について取り上げてきました。それぞれ発揮する作用(働き)は異なるものの、似通った効能が並ぶため、ご自身での選択が難しいことでしょう。また、胃と腸は消化管として一本でつながっていることもあり、現実的には、胃と腸の症状が複合的にあらわれるケースも多いようです。そのような症状には総合胃腸薬をお選びください。
総合胃腸薬は複合胃腸薬とも呼ばれ、制酸・健胃・整腸・消化のうち、2つ以上の薬効を併せ持っているお薬です。ご家庭の救急箱に入れておくと、いざという時の胃腸症状全般に頼れる存在です。

総合胃腸薬は、その効能の範囲が広いため重宝されますが、はっきりとした症状がある場合、例えば、消化不良なら消化薬、胸やけなら制酸薬など・・・それぞれに合ったお薬を服用されることをお勧めします。いずれの場合も、症状が重い、症状が長引く、胃腸の症状だけでなくダイエットしているわけでもないのに体重減少も伴う、あるいは服薬で改善するが休薬するとぶり返すようなら医師の診療を受けることが大切です。市販薬では対応できない疾患が隠れている恐れがあります。
また、胃腸の症状で特に注意したいのが狭心症や心筋梗塞です。これらの発作は、主観的に吐き気や胸やけ、腹痛といった胃腸の症状を訴えることが珍しくありません。胃腸の症状の他に肩や背中に痛みがないか、呼吸が苦しくないか、冷や汗が出ていないか、あるいは、喫煙習慣の有無や健康診断でコレステロールの異常を指摘されたことはないか・・・なども考慮して判断するといいでしょう。

ところで、胃腸の症状があるときは、お薬を服用するだけでなく生活面でも注意が必要です。
胃腸薬を服用する機会の多い方は、胃腸が弱いというケースもありますが、暴飲・暴食、早食いが習慣化しているという方も少なくないようです。食事は、ゆっくり良く噛んでから飲み込むことを心がけるだけで、胃腸の不調は格段に減少するはずです。また、食欲不振が続くようなら医師の診療を受けるべきですが、胃腸の不調時に食欲がないときは、無理して食べる必要はありません。1日胃腸を休ませるくらいの気持ちでいいでしょう。食事ができるようなら、消化の悪い油脂や食物繊維を多く含むものは避け、消化のいいものを食べましょう。もちろん、刺激となる辛いものや甘味の強いもの、冷たいもの、コーヒーや紅茶などのカフェイン、アルコールは控えてください。

必要に応じてお薬を利用することは有効ですが、あわせて胃腸をいたわる生活習慣も身につけて、健康な生活をお過ごしください。

                                      ケンコーコム薬剤師 坂本由美子