ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > 痛い口内炎

美味しいものを食べたいのに、口の中が荒れて食べれない~という経験はありませんか?
口内炎は舌、ほっぺたの内側、歯ぐきなどに炎症を起こし、特に塩気や酸味がしみたり、食べ物がさわったり、おしゃべりするときに舌があたり痛みを伴う病気です。

原因は次のような場合が考えられます。

  • 鉄分やビタミンの不足
  • ストレスや睡眠不足
  • 疲れや風邪などの病気による免疫力低下
  • 噛みあわせが悪く口内を噛む、歯ブラシなどによる粘膜への物理的刺激
  • 唾液の不足、口腔の乾燥、口腔内の不衛生
  • 消化管疾患によるもの

それを治す方法としましては、不足しているビタミンの内服や胃腸薬の服用、うがい、外用薬の塗布、歯科医による噛みあわせの治療・・・などがあります。ビタミンは特にBの摂取が必要です。外用薬にはステロイド、はちみつ+グリセリンの塗布、うがいは刺激の少ないうがい薬でされることをお勧めします。また、消化管の疾患を整え自己治癒力を促すような漢方薬の服用も効果的です。

そして何より、野菜をたっぷりとるバランスのよい食事、充分な睡眠、ストレスをかかえこまないようリラックスすることです。

ただ、最初に申し上げましたように、口内炎ができて満足に食事が摂れず咀嚼するのも難儀のようでしたら、さらに消化不良を起こし胃炎などの疾患につながります。おかゆやスープなどで栄養分をとり酵素を飲むことで栄養バランスを整えていただきたいものです。

口内炎がよくなってまた暴飲暴食をするとたちまち~また痛い思いをしなくてはいけないようなことになりかねませんので、御用心くださいね。

医薬品ご紹介

チョコラBBプラス 250錠 

ケナログA 口腔用軟膏 5g 

生葉液薬 20g

うがい薬 コロロSP 20ml 

ツムラ漢方 黄連解毒湯(1015) 24包 

一元 香蘇散 350錠

                                      ケンコーコム薬剤師 鎌田 佳栄