ダウニーカタログ

本文へジャンプ

フリーダイヤルでもお気軽に0120-22 55 66

お問い合わせ

フリーダイヤル0120-22 55 66

携帯電話からは
050-5577-5041

ホーム > 健康トピックス > 夏バテにならない!

梅雨明けの報らせとともに、暑い夏の到来です!

急にむしむしとした暑さがやってくると、とたんに食欲が落ちて水物ばかり欲しくなります。アイスクリーム、そうめん、冷や奴、それにビール!
そうしますと、体は冷えて胃腸の具合がどこかおかしくなってきます。
夏バテの始まりです。

その症状としては全身の疲労感、体がだるい、無気力になる、イライラする、熱っぽい、立ちくらみ、食欲不振、下痢・便秘・・・
今年は元気に夏を思いっきり楽しむよう、からだを整えていきましょう!


それには、まず基本となるのは食事ですね。
胃腸の調子を整えることにしましょう。
おなかの中が冷えると消化管の運動が弱まります。すると消化が悪くなり、もたれ感がおこり食欲の低下へとつながります。そのようなときは、温かいスープがおすすめです。

また、ビタミンB1&B2とビタミンC、ナイアシン、クエン酸などは夏バテ防止の必要栄養素です。
クエン酸を含む梅には食欲増進や疲労回復、胃の粘膜補修の作用があり簡単、手軽な食材です。紫蘇は紫蘇油という精油成分の働きにより細菌の繁殖を抑え、胃液の分泌を促し、食欲を増進させる効果があります。

ビタミンBを多く含む豚肉は生姜や梅、紫蘇と相性のいい食材ですし、昔から夏バテ代表格のうなぎには他の夏場の魚に比べ脂肪分やビタミンAが豊富に含まれており疲労を回復させる効果のビタミンB郡や代謝をよくするヨードも豊富で、夏バテに効き食欲を増強させて体質を強化する働きがあります。

暑くて料理ができない~なんてときは便利なレトルト食品を活用するのもいいですし、サプリメントをとるのもいいと思います。
それから、充分な睡眠をとり体力を温存することも大切です。

そのためには、夜ぬるめのお湯にゆっくり浸かることです。寝苦しい夜には、寝ござやアイスノンなどのグッズを活用するのもいいですね。
クーラーは27℃くらいに設定して、冷えすぎるによる自律神経の不調をおこさないようにしましょう。


ご紹介
スープ 梅肉エキス マルチビタミン ロイヤルゼリー 黒酢 ひんやり特集 

夏バテ知らずで元気に猛暑を乗り切り、海や山のレジャーを楽しんでください!
そうそう~夏の夜のもうひとつの芯から冷えるもの・・・
ホラー映画はいかがでしょう?!